トップページ 

一山メガネ
 
通常のメガネフレームのように「鼻パッド」がなく、鼻梁で「ブリッジ」の部分を支えるようにして掛ける「一山」メガネ。

鼻パッド周りが変形してしまったり、鼻パッドの跡が付いたりといったことが起こらないのがメリットです。

また、鼻梁にブリッジの跡が残るのを極力防ぐため、重量を軽くする必要がありますので、玉型サイズが小さめのものが多いです。
そのため、レンズの厚みを減らすことが可能です。

なお、骨格によっては、眼とレンズの距離が離れすぎてしまったり、レンズに睫毛がついてしまったり、といったことも起こりますので、お勧めしにくいこともございますので、あらかじめご了承ください。

 
 トップページ