トップページへ 「眼球運動」へ戻る 「視覚認知の検査」へ進む
視力がすべてではありません
メガネがなくても1.0やそれ以上の視力表が読める人は、一般に「眼がいい」と言われます。
しかし、ここまでお話ししてきたように、視力が1.0であっても「遠視」の場合があります。
「両眼のチームワーク」に問題があれば、眼精疲労が起きたり、物が2つに見えることもあります。
「眼のピント合わせの機能」に不具合があれば、疲れたときに遠くや手元が見にくくなってしまいます。
また、「眼球運動」(眼をいろいろな方向へ、滑らかにすばやく動かす能力)に不具合があれば、読書中にどこを読んでいるかわからなくなってしまったり、読解力が低下することもあります。
いくら視力がよくても、問題の生じることがあるのです。
右図を見てください。

「Aの図形を見ながら、同じように書き写しなさい」という指示に対して、健康で視力的に問題のない七歳八ヶ月の子供が描いたのがB、八歳の子供が描いたのがCです。

これは「眼で見たものを脳が正しく認識し、その通りの情報を正しく手に伝える」という一連の作業に不具合があることを意味しています。「視覚認知」と「眼と手のチームワーク」がうまくいっていないケースです。
図形の模写
こういった場合、当然学校での勉強にも影響が出てきます。問題は「眼」にあるのに、「この子は勉強ができない」「やる気がない」と一方的に決め付けられてしまうことが多いのが現状です。
いわゆる「学習障害(Learning Disability)」の子供さんには、このような「視覚認知」に不具合のあるケースが多く見られます。「視力がよい」というだけでは、不十分なことが、このことからもわかります。

私たちは、「よい眼」の基準を視力のみに求めがちです。
しかし実際は、「眼病がなく」「視力が良好で」「正しく両眼をコントロールすることができ」「脳が眼から送られてきた情報を正しく認識し」「体がその情報に対して正しく反応する」というのが、「理想的な眼」であることの大前提ではないかと考えます。

トップページ 「眼球運動」へ戻る 「視覚認知の検査」に進む